2009年12月08日

なんと学校では冬休みがインフルエンザのおかげで減る

どこかで授業の穴埋めをしないといけませんもんね。

とにかく学校に行くときはクールマットが必需品だよね。

新型インフルエンザが流行した事で学校生活を送る世代に
例年と違う冬休みが訪れようとしています。

休校や学年・学級閉鎖した小中学校の授業時間の不足を
取り戻すために冬休みを短縮する動きが出ているというのです。

文部科学省によると国公立の学校や幼稚園で休校や学年・学級閉鎖にした
数は10月5日〜11月27日の8週間で累計約10万施設に
上っているといいます。
このうち小中学校が8割を占めるといいますから、
非常事態と言っても良い状況です。

私の息子が通う小学校でも10月の中旬に学年閉鎖を行いました。
クラスの大半がインフルでお休みになったため、
一週間学校へ行かずに自宅待機をしたことがあったのです。

あと、学校で喫煙をする先生の仲には電子タバコを使っている人もいます。

息子はちょうどインフルに感染していて寝込んでいたので、
退屈には思わなかったようですが、
外出を禁止された元気なお子様を持つ親は
学年閉鎖や学級閉鎖になると子どもへの対応に大変だったと思います。

参考:焼肉通販

インフル余波、冬休み短縮…休校など穴埋め
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091207-00000657-yom-soci

当然子供たちにとって楽しみにしていた冬休みが縮まると言うのは、
嫌なものなのだと思いますが、一旦閉鎖する事で感染拡大が防げるので
仕方のない事だと諦めてもらうしかありませんね。

先生たちも大変だよね。

posted by b28dayo at 09:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。