2011年01月17日

17歳のミスアメリカが誕生

17歳って和解ですね。

審査員の間では17歳という年齢が問題じゃないかという声も上がったとか。
ですが、彼女は時事問題やポップカルチャーに関する知識が豊富で、
ミスにしても良いと思ったと話す審査員が出てくるなど、
彼女の魅力を年齢のせいで葬ってしまうのはもったいないという意見が、
歴代最年少のミス・アメリカを産んだ事になります。

今後スキャンランさんはミス・アメリカとして来年1年間、
さまざまな活動に参加することになります。

彼女はネブラスカ州ゲリッグに居住しており、
人口がわずか8000人という小さな町からでも、
やろうと思えばなんでも達成できる事を証明できたと、
話したそうです。

コンテストで彼女はピアノの腕前を披露しました。
そして意見発表では摂食障害対策について述べたそうです。

羽毛布団をね、こよなく愛する男の話では相当な美人だとか


大学で法律について学んでいるというスキャンランさんは、
奨学資金5万ドルがもらえるそうですが法律の勉強に使いたいと、
自己投資する意向を示しました。
(これも17歳とは思えないほどしっかりしている証拠ですよね。)

若い寝具屋さん店長の日記もみます。

ミス・アメリカに17歳のスキャンランさん
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110116-00000065-jij-ent

どっちかっていうと新垣結衣画像が美人だちょね

2011年のミスアメリカに中部ネブラスカ州代表の17歳の
高校生テレサ・スキャンランさんが選ばれたそうです。

ミス・アメリカコンテストは1921年に始まり、
今年は90回目に当たる年だったそうです。
応募資格は17歳から24歳までで、コンテストではドレスや
水着姿を含めた容姿と歌や踊りなどのパフォーマンスの才能、
インタビューの審査を経て選出されるものだそうです

これからもがんばってください。
posted by b28dayo at 20:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。